ムダ毛処理におけるレーザー脱毛の効果

脇や足・腕などに生えているムダ毛は、どんなにカミソリなどで処理しても時間が経てば生えてきてしまいます。

そのため、自己処理が煩わしくてうんざりしている人も多いのではないでしょうか。(参考情報:新宿皮膚科脱毛)

そんな時は、脱毛クリニックで処理してもらうことをおすすめします。一口に脱毛と言ってもレーザーや光など様々な種類がありますが、ここではレーザー脱毛の効果について詳しく説明していきます。

レーザー脱毛は早期にムダ毛処理が可能

レーザー脱毛は、ムダ毛にレーザーを照射する事で毛を生えにくくする脱毛方法のことです。そもそもムダ毛を自己処理しても、毛を成長させる毛母細胞・毛母細胞に栄養を届ける役割がある毛乳頭が根元に残った状態です。

そのため、どんなに毛を抜いたり剃っても、ムダ毛は再生して生えてきてしまいます。その点、レーザー脱毛を行えば、毛のメラニン色素に熱を当てて毛根にダメージを与えることができるので完全に脱毛することが可能になります。

現在、レーザー脱毛と光脱毛がムダ毛処理方法の主流ですが、レーザー脱毛は、光脱毛に比べて早期にムダ毛処理ができるというメリットがあります。その理由は、クリニックで使っているマシンで照射するレーザーのパワーが強力だからです。

そもそもレーザー脱毛は、医師が常駐しているクリニックで受けることができます。つまり、皮膚に火傷や炎症などのトラブルが行った際も医師がすぐに処置を行う事が可能です。よって、毛根を破壊できるほどパワーが強い医療用レーザーを自由に使うことができるのです。

その点、光脱毛を受けられるサロンには医療知識がないスタッフが施術を行います。そのため、安全性を考慮して、サロンでは毛や皮膚の組織を破壊する行為は違法とされています。つまり、毛根を破壊しない程度の弱いパワーの機械しか認められておらず、早急な効果を期待できないというわけです。

また、光脱毛はあくまでもダメージを与えて毛乳頭を弱めるだけなので毛が生えにくくなったり細くなりますが、暫くすると徐々に生えてくるケースも多いです。実際、レーザー脱毛と光脱毛ではどれくらい効果に差があるのでしょうか。

まず、光脱毛は完全にムダ毛処理をするためにサロンに12回から24回、期間にして2年以上通う必要があります。その点、医療レーザー脱毛の場合は、クリニックに6回から7回、数カ月から1年程度通うだけで完全にムダ毛を処理することが可能です。

このように明らかにレーザー脱毛の方が早期に処理が完了するので、早くムダ毛処理を終わらせたい方にレーザー脱毛は最適です。

レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛は早期にムダ毛処理ができますが、施術中に激しい痛みを感じるというイメージが強いことでしょう。実は近年では、医療技術の進歩によって痛みが少ない医療レーザー機器が続々と開発されているのです。

その中でも特に注目されているのが、メディオスターNeXT・PROというマシンです。このメディオスターNeXT・PROは、これまでのレーザー脱毛のように毛根を破壊して毛を処理する仕組みではありません。毛根より皮膚に近い場所にあるバルジ領域という組織をレーザーで破壊して脱毛する仕組みになっています。

そもそもバルジは発毛を促す発毛因子の元になっているため、レーザーで破壊することで毛の再生を阻止することができるのです。バルジ領域は毛根よりもかなり浅い位置にあるので、弱いレーザーでも届きます。したがって、強力なレーザーを照射する必要がなく、痛みを抑えることができるというわけです。

全く痛みがなく1年ほどで脱毛が完了するので、実際の利用者からかなり絶賛されている脱毛マシンです。その他にも、皮膚を冷却しながらレーザーを当てるアレキサンドライトレーザーなど痛みを感じない新機種がどんどん開発されています。

よって、近い将来には医療レーザー脱毛は痛いというイメージがなくなってしまうかもしれませんね。

合わせて読む:レーザー脱毛の仕組みと特徴を理解しよう

レーザ脱毛で早期に効果が得られないケース

医療レーザー脱毛は、パワーが強いレーザーを毛根に照射する事で毛の再生を抑止する施術です。脱毛効果が高いという評判がありますが、実はクリニックで施術を受けてもなかなか効果が出ない人もいます。効果が出にくい人の最大の特徴は、もともと皮膚が弱くて痛みを感じやすいタイプの方です。

皮膚がデリケートだと、外部からレーザーを当てた時に強い衝撃を受けるために皮膚に腫れや痛みが強く出てしまいます。そのため、レーザーの出力を通常よりも下げて施術を行わなければいけません。すると、当然、脱毛効果は下がってしまいます。

なかにはせっかくお金を払って頑張って通っているので、脱毛効果を低くしたくないと痛みを我慢しながら強いパワーで照射してもらう人もいらっしゃいます。その場合、施術に通うに当たり、痛みに耐えなければいけないのかという気持ちになるので、精神的に大変です。

レーザーの出力が低くても、こまめに施術を受け続ければ確実にムダ毛の処理が行えます。通常よりも施術回数・施術に通う期間は長くなりますが、皮膚が弱くてデリケートな方はこまめに通う事が大事です。

効果を着実に得るための注意点

着実に脱毛効果を得るためには、定期的に脱毛クリニックにに通うことが大切です。実は、一度施術を受けてからこまめにクリニックに通えない人は、脱毛の効果が出づらいです。というのも、ムダ毛処理は毛が生え変わるサイクルに合わせて行う必要があるからです。

1回の照射で脱毛ができるのは、成長期の肌の表面に出ている毛だけとなります。退行期の毛も肌の表面にあるのですが、レーザーを照射しても全く脱毛の効果はありません。したがって、毛が急激に伸びる成長期に施術を行うことで、効率よくムダ毛の処理が行えるというわけです。

ただし成長期で肌の表面に出ている毛は、毛全体の約15パーセントから20パーセントです。すべてのムダ毛を1回の施術で処理する事は不可能なので、完全に毛を処理する為には何度もクリニックに通う必要があります。

医療レーザー脱毛の場合、最初は1ヶ月から2ヶ月に1回のペースで通うことが一般的です。その後、脱毛が進んでだんだんと毛の量が少なくなっていったら、3ケ月から4ヶ月に1回のペースで通うことが平均的なサイクルとなります。

このようなことから、定期的にクリニックに通えない場合、長期間施術を受けられない場合、毛周期とずれてしまいます。その結果、脱毛効果が低くなってしまうというわけです。

安全にムダ毛処理をするには

レーザー脱毛で安全に毛の処理をするためには、日焼けをしない事が大事です。日焼けをした肌にレーザーを当てると、火傷のリスクが高まるからです。レーザーは黒色のメラニン色素に反応する性質があるので、肌が熱くなってとても危険です。

したがって、日焼け止めクリームや日傘などの紫外線防止が大切と言えます。